1 2 Zoom+
読み込み中 読み込み中


私の隣の女の子はとてもいい人です。初めて彼女に会ったときから、私は彼女の美しさに魅了されました。しかし、この女性の性欲は非常に強いようです。毎晩、セックス中に彼女のうめき声が聞こえます。そして毎朝、別の見知らぬ男が隣のアパートから出てきます。彼女も私に注意を払っているようで、常に敏感な部分を私に近づけ、わざと大きな胸とセクシーなパンティーを私の目にさらしました!そしてある日、彼女は突然パニックになり、私に家に来て虫退治を手伝ってほしいと頼んだのです。虫は見えなかったけど、僕の前でわざとパンツを見せつけてきた!私のチンポはすぐに立ち上がり、彼女はチャンスを逃さず私のズボンを脱いで私のチンポをしゃぶりました!私のチンポは彼女の好みに合っていたようです。次の日も、私は何度も何度も彼女に誘惑され続けました。そして隣人の完璧な美しさを抑えられなくなったとき、私の射精の日々が始まりました。

貪欲な隣人とのノンストップ潮吹き
続きを見る